ステップ0 呼吸を整える。

呼吸を意識するだけでお腹が痩せる人もいるくらい、呼吸は大切だと言われています。

その呼吸法とは?

鼻から吸って、口からゆっくり吐くこと。
息を吸う時は、お腹を膨らませ、吐く際はお腹をへっこむのを意識します。

ステップ1 ストレッチ。

毎晩がポイントです。
特に、お風呂上りにストレッチしてそのまま寝るとスッキリするのでおすすめ。

ストレッチは筋肉を柔軟にする=リンパが流れやすくなる。血行が良くなることがある。

老廃物もケアできるので、セルライト対策としても。

ストレッチ方法

肩周りのストレッチ方法

バスタオルを両手で握る
肩のストレッチ方法
間接を曲げずに前~後ろに持っていく。
肩のストレッチ方法
これを続け、慣れてきたらバスタオルの間隔を狭める。

股関節のストレッチ動画

ステップ2 有酸素運動。

有酸素運動は体の中にある、糖質、脂肪、酸素を消費する運動と言われています。

有酸素運動はウォーキング、スイミング、エアロビ、ヨガ、バランスボールなど様々ですが、
1番簡単な方法を紹介します。

それは階段に1段登り、1段降りる事です。

階段でなくてもダンボールに雑誌を詰めた台、木で出来た踏み台などでもOK。
上って降りる。これだけ。
上る際は太ももを押し上げるように意識する。

これを10回3セット。毎日続ける事が大切です。

ステップ3 ウォーキング、サイクリングをしよう。

ウォーキング画像

ウォーキング、サイクリングは有酸素運動。
無理なく続ける事が大切ですから、普段電車やバスを自転車に変えたり。
朝少しだけ早く起きて散歩するようにしてみてはいかがでしょうか。

ステップ4 水泳をしよう。

水泳は有酸素運動で、水圧の圧迫もあるのでダイエット向き。
泳げなくても水中で歩いたりするだけでも水の抵抗があるので
太もも、ふくらはぎ、二の腕、お腹と引き締め効果が期待できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`newsing` not found]
[`choix` not found]
Facebook にシェア
[`evernote` not found]